折原梨花・研二(クレー射撃)父娘の実績は?親子で東京五輪を目指す

どーも!げいのう太郎です!!

以前放送された「炎の体育会TV」や先日放送された「上田晋也の日本メダル話」にクレー射撃で出演した折原梨花さん。

父の研二さんもクレー射撃選手で親子で2020年の東京オリンピックを目指しているそうです。

今回はそんな折原梨花さんや、父の研二さんについてプロフィールや実績など色々調べてみたいと思います。

折原梨花(おりはら りか)のプロフィール

現在、現役女子大生の折原梨花さん。

まだWikipediaもありませんが、簡単なプロフィールをご紹介します。

名前:折原梨花(おりはらりか)

出身地:栃木県那須塩原市

身長:150~154㎝

出身高校:栃木県立真岡北稜高等学校(偏差値約40)

大学:文星芸術大学(偏差値なしのBF)

栃木県にある文星芸術大学の3年生。

愛称はオリカだとか。スーツ屋さんみたいですねwww

それにしても、まだ詳しい情報は少ないですね。

折原研二(おりはら けんじ)のプロフィール

折原梨花さんの父で現役クレー射撃の選手の研二さん。

こちらもWikipediaもないのですが、簡単なプロフィールをご紹介します。

名前:折原研二(おりはらけんじ)

生年月日:1973年2月1日

出身地:栃木県那須塩原市

身長:167㎝

体重:78㎏

最終学歴は、宇都宮文星短期大学(偏差値約42)

那須国際射撃場の管理をされていてそこへ所属しているようです。

クレー射撃ってどんな競技!?二人の実績は!?

そもそも「クレー射撃」とはどんな競技なんでしょうか?

調べてみましたが、散弾銃を用いて空中で動くクレーと呼ばれる素焼きの皿を打ち壊していくスポーツだそうです。

種目はトラップやスキートなど様々あるようで種目によってルールも様々なようです。

体験するにも免許が必要で

「銃砲所持許可」

というものが必要になります。

簡単に気軽に出来る競技じゃないんですね。

まぁ、仮にも銃を扱う訳ですから当たり前か・・・

アメリカなら誰でも体験出来るようですがね。(クレーではなく射撃ですが)

この免許を獲得するには、まず「初心者講習会」を受け講習修了証明書・教習資格認定書をもらいます。

次に「教習射撃」

ここで教習修了証明書・所持する銃の申請を行ってやっと「銃砲所持許可証」をもらえます。

そして「申請銃の購入」をし、銃の確認・装弾購入が出来ます。

これでやっと「射撃場にて使用可」となります。

本当にプロセスが色々あって、余程本気で始めようと思わない限り手を出そうとは思えませんね。

ちなみにこの免許は20歳からじゃないと取れません!

折原梨花さんの実績

高校生になってから射撃を本格的に始めていますが高校2年生~高校3年までスランプを経験。

スランプを脱出して臨んだ国体でビームライフル射撃2種目で優勝しています。

この結果のお陰で特別に18歳でクレー射撃の免許を取得させてもらいます。

本格的にクレー射撃を始めた2017年6月。

ドイツのズール市で行われた国際ジュニアグランプリ選手権で優勝!

折原梨花さんはクレー射撃の魅力を

「厳しいルールの中で、自分がどれだけ出来るのかっていう色々なスポーツ競技にもみられるようなワクワク感やドキドキ感が得られるところがすごく私は好きです」

と語っています。

折原研二さんの実績

クレー射撃の全日本選手権で過去8回の優勝経験があります!

日本一には12回もなっている程の腕前だとか。

間違いなく、日本のクレー射撃ではトップクラスの実力者です。

先日行われた大会の成績は3位に入賞。

梨花さんは5位に入賞だったとか。

父でありながら、梨花さんの最大のライバルといった所でしょうか。

親子で東京五輪を目指す!出場やメダルの可能性は?

親子で東京オリンピック出場を目指している折原梨花さんと研二さん。

先日行われた全日本選手権では研二さんは優勝!

その前に行われたアジア大会ではベスト2。

しかし決勝に進むことは残念ながらできませんでしたぁ~

親子で出場したようですが、梨花さんも結果は揮わず・・・

しかし、日本では上位にあたる親子ですから東京オリンピックへの出場はもちろんメダルも狙えるポジションではないでしょうか。

まとめ

今回は東京オリンピックへ向けて頑張っている親子クレー射撃の折原梨花さんと父の研二さんについて調べてみました。

クレー射撃がマイナーな競技のせいか2人共Wikipediaがないんですね。

オリンピックの正式種目になっているんですからあっても良さそうなものなんですけど・・・

梨花さんは、その実力を認められて飛び級で免許が取れたんですね。

最大のライバルは父、研二さんといった所でしょうか。

親子そろって東京オリンピックへの出場の可能性はあるかもしれませんね。

ただ、梨花さんはまだ経験値不足ということもありますから残りの期間、大会でどれだけの成績が出せるかにかかっているでしょうね。

有名人でもクレー射撃をやっている人は意外といますよね。

ヒロミさんや岩城滉一さん、政治家の麻生太郎さんなどがいます。

折原親子の活躍と共にクレー射撃ももっとメジャーな競技になると良いですね♪

げいのう太郎でした!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする