木村佳乃の実家は成城の大豪邸!英語が堪能で父親はJALの元幹部?

どーも!げいのう太郎です!!

大女優でありながら最近はバラエティでの活躍も目覚ましい木村佳乃さんに注目です!

2010年に東山紀之さんと結婚をし二人の子宝に恵まれています!!

テレビに出演時も育ちの良さを隠しきれていませんが、実はとんでもない両親のもと育っているのです!!

今回は大富豪の家でお嬢様と育てられた木村佳乃さんの生い立ちについて見ていきましょう!!

木村佳乃(きむら よしの)さんのプロフィールは

名前:木村佳乃(きむら よしの)

→本名は東山佳乃ですね!

生年月日:1976年4月10日(42歳)

こんな綺麗な42歳なんて見たことないですね!!!

身長:167㎝
高校時代から読者モデルをしただけありスタイル抜群です!

出身:生まれ ロンドン 育ち 世田谷区成城
→成城と言えば高級住宅街ですね!

家族:旦那 東山紀之 子供2人
ご存知少年隊のヒガシです!

所属:トップコート
佐々木希、菅田将暉、松坂桃李を要する事務所です!!

父親はJALの元幹部で母親はJALのCA!?

木村佳乃さんは航空一家の育ちです!

父親は日本航空(JAL)の元幹部役員なんです!

JALといえば日本最高の航空会社ですよね。

一時期は経営破綻の危機にありましたが、現在は稲盛和夫の手腕により見事復活しました。

そんなJALの役員は、昔から役員報酬をもらいすぎだと文句を言われていましたね。笑

現場のパイロットなんかもANA社員の2倍はもらっていると言われていましたので!!

ちなみに、2017年の株主総会で発表された役員向けの報酬額は3億5000万円です!

これとは別に株の持分比率に応じて配当も支給されます!

木村佳乃さんの父親、めちゃくちゃ稼いでいたはずです!!!!!!wwwww

母親は元JALでキャビンアテンダントを行っていました。

職場結婚ですね。JALのCAと言えば今でも新卒の就職したいランキング常連です!

当時は今以上に選考では見た目重視と言われていたため、相当容姿端麗なんでしょうね!!

もう羨ましいことこの上ない!!笑

生まれはロンドン!育ちは世田谷区の成城!

そんなスーパー両親の元に生まれた木村佳乃さん。

生まれはイギリスのロンドン!

007やシャーロック・ホームズを生み出したヨーロッパ随一の都市ですね!!

これはおそらく父親の仕事の関係でロンドンにいたのではと推測されます。

JALのフィールドは言うまでもなく世界ですからね。

たまたま生まれたタイミングでロンドン赴任だったのでしょう。

3歳まで住んだロンドンを後にし、次は東京都世田谷区成城を住処としています。

こちらも都内随一の高級住宅街ですね。

都心からは若干距離はありますが、閑静な住宅街でとても過ごしやすい場所です。

そんな成城で育った木村佳乃さんは成城の初等科、中等科、高等科と進み成城大学を中退しています。

成城はお坊ちゃんお嬢さんしか入れない由緒ある学校ですね。

ちなみに出身者にはミッチーこと及川光博さんがいます!

あの王子様も成城出身だとは、恐れ入ります!!!www

英語力はどのように身につけた?

ドラマやバラエティ、舞台など多くの場面でその英語力を見せつけていますね!

実はこの英語力は母親によるスパルタ教育の賜物なのです!!

ちなみに、この英語力はロンドン生まれというのは一切関係していません。笑

現に、13歳までは英語はまったく喋れなかったらしいです。

ただし、幼少期に英語を聞いていると周波数の関係で年を取ってからも英語は聞き取りやすくなると言われていますね。

日本語と英語の周波数は異なるため、日本語しか聞いてこなかった子供とは多少なりとも差が出るんじゃないでしょうか。

とは言え、実際には上述したように13歳まで喋れず、きっかけはアメリカでの英語キャンプです!

2ヶ月間、外界から隔絶された環境で英語のみを使って過ごすというスパルタキャンプなんです!

13歳といえば中学生ですが、母親も思い切ったことをさせませたよね。

このような後天的な努力によって英語力を身につけ、現在ではしっかりと仕事でも活かしているのです。

学んで終わりにしない、すべて自分の人生の糧にしているなんてほんとうに素敵です。

才色兼備とは木村佳乃さんのための言葉なんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

それではまとめましょう!!!

  • 木村佳乃の両親はJAL出身!父親は元幹部役員!
  • 成城で育ち、学校もずっと成城。ちなみに現在の住まいも成城!
  • 英語は13歳の時の身につけた!努力の賜物!

これからもテレビに出て癒され楽しませてほしいですね!!!

げいのう太郎でした!!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする