ラクダアートって何?本場で活躍する武市萌美さんって何者!?

こんにちは!げいのう太郎です!

突然ですが、ラクダに対してどんなイメージを持っていますか!?

ターバンを巻いた人たちが乗って移動する砂漠の動物というイメージがほとんどだと思います。

そして今回はこのラクダの体をキャンパスとして絵を描くラクダアート』について調査しました!!

ぜひ真の芸術を堪能してください!!

こんにちは!げいのう太郎です! 毎回『マツコの知らない世界』では色々なマニアックな方が登場しますよね! ...

ラクダアートって何?

簡単に言いますと、ラクダの毛を刈り込んで絵を描くことです。

ちょうどイメージとしてわかりやすいのが、デビュー当初のEXILE・ATSUSHIさんの頭髪みたいな感じです!笑

よく、「ラインを入れる」と表現されるやつです。

ラクダアートの最大の難しさはその作成期間の長さと言われています。

なんと、一頭に描くのに要する時間は3年もかかるのです!

最初の2年程度で毛を伸ばしたり染めたりして、残り1年で刈り込んでいくのが一般的となっています。

また、ラクダは非常に体が大きく、縦に2m30cmで全長は4mにも及びます。

ピカソ『ゲルニカ』の半分くらいの大きいですね。

(ゲルニカって結構大きいんですよ!笑)

そして何よりも大変なのでラクダは動きます。生き物ですので。笑

そのようなラクダの特徴をすべて考慮した上で行うのがラクダアートとなります。

ちなみに、デザイン性のすぐれたラクダの場合は通常よりも高い値段で取引できるようです!笑

世界最大の祭典  インド ラクダアート選手権

ラクダアートはインドで非常にポピュラーであり、数多くのイベントが催されています。

日本でいるハロウィーン的な感覚で楽しんでいそうですね!笑

ここでは代表的な祭典を調査しましたのでお伝えします!

ビーカネルラクダ祭り

インド最大の州であるラージャスターン州で毎年開催されるお祭りです。
世界的にみてラクダの飼育で有名な地域となっています。

元々インダス文明が栄えたことでも有名である由緒ある土地なんでね。

開催時期は1月頃です。世界中から観光客も訪れ、ラクダアートやラクダレースなどを観光して楽しまれます。

そこまで暑すぎない時期ですし、冬休みがてらインドに行ってみるのも良いかもしれませんね!

世界チャンピオンを目指す 武市萌美 (タケイチ・メグミ) さんって何者?

まだまだ日本ではマイナーであるラクダアートですが、本場インドで活躍をしている日本人がいることをご存知ですか!?

彼女の名前は 武市萌美 (タケイチ・メグミ)さんです。

実は元々日本で美容師をやっていたのです!
つまり、ヘア・カットはお手のものなんですね!

5年前にインドに訪れていこう、このラクダアートに目覚め、現在ではトップクラスの争いをできるくらいまで実力をつけました
最高順位は2位受賞となります!

初めて見たラクダに一瞬でとりこになり、そこからのめり込んだそうです。

夢中になれるものがあるというのは素敵ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

普段馴染みの薄い芸術作品ではあると思いますが、日本でも上野動物園あたりで実施してくれるとうれしいですね。笑

それではまとめを見ていきましょう

  • ラクダアートはラクダの体をキャンパスにして描くアート
  • インドではラクダアートの世界選手権が毎年実施されている
  • 武市萌美さんは日本を代表するラクダアート職人
それではごきげんよう!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする