北海道はカーリングが強い?その魅力を見てみよう!

みなさんこんにちは!

平昌オリンピックが非常に盛り上がっていますね!
日本のメダル獲得数も長野五輪のときと並び過去最多タイです!

ハーフパイプ、スケート、スキージャンプなど様々な競技で盛り上がりを見せていますが、その中でも一際注目を集めているのが日本カーリング女子代表ではないでしょうか?

ご存知の通り、北海道と雪は切っても切れない関係があり、ウインタースポーツが非常に盛んです。
そしてなにより、カーリング女子代表には北海道出身で活躍されている選手がいます!!

これは注目して特集するしかないですよね!!

ただし、今回はあえてどのブログでも取り上げないような『カーリングの道具』にフォーカスしてみてみます!
道具の基本さえ押さえておけば、より楽しく応援できるようになりますね!!!

カーリングの道具

カーリングは道具を使います。
詳しくない人の感覚では「石を滑らせているよねー!」だったり、「ブラシでゴシゴシしてる!」という認識しかないのではないでしょうか。概ね間違ってはいないのですが。笑

ただし、これだとまだまだ浅いですよね!
それでは個別の道具に注目してみましょう!

ストーン

ハウス(リング状の的のこと)に向けて滑っているあの石です。

名前はそのまんまですね!笑
実はストーン、めちゃくちゃ希少なんです!確実にその辺にある漬物石では代替できないようなものなんです!
スコットランドのアルサクレッグ島から取れる花崗岩を加工して作っています。
強度と滑りやすさに優れているのが特徴であり、島にある花崗岩も有限であるため20年に1度しか採掘できないものです。
ちなみに、気になるお値段は1個10万円以上!
高価なパソコンが買えてしまうくらい高いですが、ストーンは非常に頑丈なつくりであるため100年くらい寿命があります。
日割りの金額にあらわすとパソコンよりはだいぶ安いですね!
1試合で使用するストーンは8個であるため最低でも80万円は必要です。
こうなると中古の自動車くらい変えてしまいそうな金額ですね。
ただ、ストーンは100年くらい寿命がありますので、日割り金額(以下略
重さは20Kgですので3歳児と同じくらいですね。
一個持ち運ぶだけでかなりの労力を要しそうです。当然、氷上以外は滑らせることもできませんので・・・。

ブラシ

見られたことがある方も多いかと思いますが、氷上を小刻みかつパワフルにゴシゴシするあれです。
デッキブラシみたいな形状が特徴です。デッキブラシのイメージが沸かない方はぜひ『魔女の宅急便』を見てください!あれか~となるはずです!笑
ブラシの長さやヘッドの素材は用途に合わせて自由に使い分けることができるため、個性が色濃く出そうですね。
値段は1~2万円程度で買えますので、ストーンと比較するとリーズナブルですね!

シューズ

左右で用途の異なる特徴があります。
簡単に言いますと、片方は滑ってもう片方はグリップ力がすごいです。
これは、ストーンを投擲するさいに効き足を滑らせながら投げるのですが、そちらの靴の裏は図べり易いように加工されています。
では、なぜ滑りにくいほうもあるのかといいますと、それはもう至ってシンプルですが、両方すべると氷上を歩けないからです!!
両方すべると別のスポーツになりそうですね!!笑
ただ、片方ずつ用途が異なるため、それはそれで歩きにくいのは間違いないですが。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか。
この記事の情報を踏まえてオリンピックを見れば、今まで以上にカーリングを楽しむことができますね!
それではまとめてみましょう!
  • ストーンは重くて高い!
  • ブラシは用途に合わせて自由が利く
  • シューズは片方がすべり、片方が滑らない。
それでは、引き続き日本代表を応援しましょう!!
ごきげんよう!!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする