北の大地を一望できるナイタイ高原牧場に行ってみよう!

みなさんこんにちは!

突然ですが、美しい景色は好きですか?
日本全国には様々な観光スポットがあり、
四季折々の景色を楽しむことができます。
しかし、実際に紹介されている名所に行ってもガッカリしてしまう事もありますよね。
一般的に良いとオススメされているものが本当に素晴らしいとは限らないですが、今回お伝えするのはそんな方にも満足いただけるようなスポットです!
もしこちらのブログを見ていただいているあなたが『大自然を感じたい!』『失恋したから癒されたい!』『パワースポットLOVE!』等などお考えでしたら、今回紹介するナイタイ高原牧場に行っておけば間違いないです!

ナイタイ高原とは

北海道の上士幌町(カミシホロチョウ)にある日本で最も広い公共牧場となっています。
出典 http://www.kamishihoro.jp/sp/naitai
ナイタイはアイヌ語で『奥の深い沢』という意味があるそうです。
北海道には多くのアイヌ語源の地域があり、こちらもそのような背景があるんですね。
敷地面積も広く、約1700haで、東京ドーム358個分の規模となっています!
こんなに広ければ野球と言わず何のスポーツでもできてしまいますね!笑

アクセス方法

上士幌町からナイタイ高原牧場までは約13キロメートルあります。
牧場の入り口までは7キロほどになりますが、なんせそこは日本一の広さを誇る牧場。
入ってから山頂にあるレストハウスまで6キロも距離があるのです!
ナイタイ高原牧場に限らず、北海道観光では車、バイクなどの移動が最適です。道外から来られる方は新千歳空港からレンタカーを借りていくのも良いですが、近郊にある帯広市まで電車で行き、そこで観光を楽しみながらレンタカーを借りて移動というのが理想的じゃないでしょうか。

オススメの時期

名前の通り、ここは高原にあります。標高が高いため必然的に年間の平均気温は低くなっており、1年の半分は雪に覆われている環境です。
そこで、オススメの時期は雪が溶け夏の始まりである6月頃が最も見ごたえがあります。また、9月頃からは紅葉が始まるため、今までの新緑の風景も真っ赤に変貌を遂げ、また新しい顔を見せてくれます。

飲食店

ナイタイ高原牧場の頂上にはレストハウスがあります。
雄大な自然を眺めながら食べるソフトクリームは絶品です!
ちなみに、ここには約2000頭の乳牛がいるため、まさに産地直送の味を楽しめるのです!!
もちろん、それ以外にも産地のメニューを使ったハンバーガーやホットドック、北海道産じゃがいもを使用したフライドポテトなど多数取り揃えています。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか!!
それでは本日も内容をまとめてみます!!
  • ナイタイ高原牧場は日本最大の公共牧場
  • 北海道の自然を肌で感じることができる
  • レストハウスには産地の食材を使用したメニューが盛りだくさん
ぜひ北海道に訪れた際は行ってみてください!!
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする